メイン | カテゴリー一覧 »

MT3.2のインストール手順

Movable Type3.2のインストールはmt.cfgがなくなっていたり、mt-load.cgiがなくなっていたりで、多少とも3.1xの頃と変わっています。
データベースにMySQLを利用するようにインストールしましょう。

1.MT-3_2-ja.zipを適当なディレクトリに解凍します。

2.Perlの実行環境を確認します。mt.cgiの1行目は以下になっています。
  #!/usr/bin/perl -w
  サーバでのPerlのパスが異なる場合は修正します。

3.環境設定ファイルの修正
  Movable Type 3.2 では、環境設定ファイルがmt.cfgからmt-config.cgiに変更されました。
  mt-config.cgi-originalをmt-config.cgiにコピーして適当なエディタで編集します。

    CGIPath http://yourserver/mt/
   MySQLデータベースの設定
    ObjectDriver DBI::mysql
    Database mtdb
    DBUser you
    DBPassword yourpass
    DBHost localhost
  静的Webへのパス
    StaticWebPath http://yourserver/mt/mt-static
  テンポラリーディレクトリ(デフォルトのまま)
  日本語を確認
    DefaultLanguage ja
    PublishCharset utf-8
  
  保存してエディタは終了します。

4.アップロード
  FFFTPなどを利用してサーバにディレクトリごとアップロードします。

5.ファイルの属性の変更
  FFFTPなどでcgiファイルに実行権限を付与します。

6.mt-check.cgiの実行
  http://yourserver/mt/mt-check.cgi
  チェックをパスして次の手順に進んでくださいとなればOKです。

7.初期化
  http://yourserver/mt/index.html からログインを行うことによりmt.cgiが実行されます。
  データベースの初期化がまだの場合、初期化のステップに進みます。

8.ログイン
  Melody/Nelsonでログインできれば大成功(^^)/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yumemaro.com/apps/mt-tb.cgi/1

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)