« Web2.0リンク集 | メイン | カテゴリーアーカイブのエントリー一覧 »

JavaScriptのタイマー

サーバの応答を繰り返し反映させる方法の一つに、HTTPのMETAタグによるリフレッシュがあります。よりスマートな別の方法は、JavaScriptのタイマー機能を利用することです。

setTimeout関数はミリ秒で指定した時間だけ関数の実行を遅らせます。例えば以下のように使用します。

 setTimeout(myfunc, 5000);
 setTimeout("alert('タイムオーバー!')", 3000);

タイマーの設定対象は関数でも文字列でも構いません。
setTimerはタイマーオブジェクトを返しますので、clearTimer関数によりタイマーを解除できます。

var myTimer;
   ...
   myTimer = setTimeout(expireFunc, 5000);
   ...
   clearTimeout(myTimer);

類似の関数に、一定間隔での実行のためのsetIntervalがあります。いずれを用いても、XMLHttpRequestによるサーバ要求を行い、応答をDOM操作で画面の一部に反映させることによってスマートなデータのリフレッシュが可能となります。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yumemaro.com/apps/mt-tb.cgi/38

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)