« カテゴリーアーカイブのエントリー一覧 | メイン | prototype.js »

JSON

JSONはJavascript Object Notationの略で、軽量なデータ交換フォーマットです。データ交換標準と言えばXMLと思いがちですが、軽快に動かしたいAJAXアプリケーションではJSONは有効な選択となります。

JSONはJavaScript言語のサブセットに基づいた標準です。また、テキスト形式であるため、JavaScriptに限らずPHPなど様々な言語で処理できます。XMLより軽量という意味でWebでのブラウザとサーバ間のデータ交換には理想的かも知れません。

JSONのデータの例を以下に示します。実際には改行はありません。

{"電話番号":"012-345-6789",
  "国":"日本",
  "都道府県":"千葉県",
  "郵便番号":"245-333",
 }

これを文字列として持っている場合、JavaScriptのオブジェクトに変換するにはevalを使います。

 var myObject = eval('(' + jsonText' + ')');

ただし、evalはコードを実行できる強力な関数であるため、セキュリティの観点からJavascript JSONライブラリを利用するのが良いでしょう。

 var myObject =  JSON.parse(jsonText);

逆に、オブジェクトをサーバ側に送信するためには文字列に変換します。

 var jsonPram = JSON.stringify(myObject);

PHPでサーバ側の処理を行う場合にはJSON-PHPライブラリが利用できます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yumemaro.com/apps/mt-tb.cgi/40

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)