« JSON | メイン | サーバからの応答待ちに画像を表示 »

prototype.js

もし、JavaScriptのコードで$("container").removeChild($("message"));といった$()表記を見たら、prototype.jsを使っているでしょう。

prototype.jsはSam Stephensonによって書かれたJavaScriptのライブラリです。ほぼ標準のように利用されているらしい。
prototype.jsが提供する$()関数は、document.getElementById()という非常によく利用されるDOM関数の置き換えです。$F()というフィールドの値を返す関数もあります。

例えば、以下のようなHTMLがあるとします。

<html>
<head>
<script type="text/javascript" src="javascript/prototype-1.3.1.js"></script>
<script type="text/javascript">
function test() {
 alert( $F('blood') );
}
</script>
</head>
<body>
<select id="blood"  onchange="test()">
<option value="A">A型</option>
<option value="B">B型</option>
<option value="O">O型</option>
<option value="AB">AB型</option>
</select>
</body>
</html>

血液型を変更するたびにA、Bといった値をアラートで表示してくれます。簡単に書けて便利ですね。
もちろん、XMLHttpRequestをラップしたAjax.Requestクラスもあります。
詳しくはUsing prototype.js v1.3.1を参照して下さい。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yumemaro.com/apps/mt-tb.cgi/41

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)